ベジセーフの使い方は様々

0

    ベジセーフは洗剤ではなくアルカリ性水である。

     

    空気に触れることで、普通の水に戻るので
    こすり洗いや、二度拭きの必要がない。

     

    なので使用方法も極めて簡単だ。


    【野菜・果物】

    まず、野菜や果物にまんべんなく吹きかける。
    農薬やワックスが気になる野菜は、その後30秒から1分そのまま放置する。

    次に、その野菜の表面を手で軽く揉みベジセーフをすみずみまでゆきわたらせる。

    最後に、水道水で軽くすすげばよい


    【米】

    米全体に15回〜20回スプレー(3合あたり)米にまぶす。
    その後いつも通り、米をとぎ炊飯するとよい。

    酸化したコメヌカが落ちるので、新米のようなおいしさである。

     

    【除菌スプレーとして】

    子供のおもちゃや食器、手の届くところにスプレー。
    外出する時はアトマイザーなどに入れていけば、
    手の消毒や、食べこぼしのシミなどに使える。

     

    そのほか、刺身・肉・加工品につかうことで、
    余分な脂分が落ち、おいしくなる。

    消臭効果もあるのでファブリーズ的な使い方も可能だ。

     

    このようにベジセーフは、除菌グッズや消臭スプレーとしても使えることから

    コスパ的にもよいのである。

    ⇒ベジセーフの公式サイトへ

     

     

    6ukxfwrmucq * ベジセーフで農薬から食中毒菌まで * 15:32 * comments(0) * -

    口コミからみる評判

    0

      ベジセーフを実際に使用されている愛用者の口コミをまとめたので、

      参考にしていただきたい。

       

      チョキ子供に安全なものを食べさせたいと思うのですが、
      無農薬野菜は高いし・・・
      ベジセーフは農薬も放射性物質も除去できるので
      安心して子供に野菜を食べさせられます。
      除菌グッズとしても使っていますよ。


      チョキ食中毒対策にもなるので買いました。


      チョキ1歳の子供のために購入。
      離乳食作りには欠かせません。


      チョキ3歳の子供のために食べる食材ほとんどに使っています。
      今までは重曹に浸けおきしていましたが、
      ベジセーフは使い方もカンタン。野菜の食感も全く違います。


      チョキ食品の安全性には、常日頃不安を感じていました。
      たまごクラブで紹介されて購入しましたが、
      おかげで野菜や果物を安心して食べさせられます。

       

      (※ 著作権の関係から内容はそのままで修正してある)

       

       

      多くの方がベジセーフを使うことによって農薬などの不安から解放されている。

      実際の使用感をお試ししていただきたいものである。

       

       

      ⇒ベジセーフの公式サイトへ

       

       

       

       

      6ukxfwrmucq * 口コミや評判 * 15:40 * comments(0) * -
      このページの先頭へ