| main | 野菜洗いの専用水とは? >>

ベジセーフで残留農薬の危険性を回避

0

    日本の農薬使用量は世界でもトップレベル。

     

    これは日本の気候が高温多湿であるため、
    害虫が発生しやすく、
    また農業従事者も不足していることから

    安全で質の良い農作物を生産するためには
    やむを得ないというのが現状である。


    農薬を安全に使用するために法で厳しく管理し、
    農薬の毒性を低くするための研究がなされているとはいえ、


    残留農薬の問題が100%安全とはいえないかぎり、

    家族の食卓を守る主婦としては安心できないのだ。

     

    残留農薬が付いた野菜を食べたからといって
    すぐに症状が現れるということはないのだが、
    (アレルギーなどがあり過敏な場合は反応することもある)
    毎日食べ続けることで、体の中に蓄積されていくといわれている。


    この蓄積された農薬が将来的に農薬中毒を引き起こす可能性もあるし、
    何らかの疾病の原因になることもあるのだ。

     

    実際神経系の殺虫剤によりパーキンソン病やADHD発症のリスクが高くなるという
    報告もされている。


    残留農薬の危険を予防するために食品に残る農薬の基準も定められている。
    しかし、この基準は成人の体重を基準にしているため子供への影響への不安が残る。


    残留農薬の不安から、無農薬や有機農野菜の選択もあり得るが

     

    これにしても不透明な部分があり日本の法律で使用が認められた
    農薬であれば使用していても有機栽培と表示できるとか

     

    前年度まで農薬が使われていた畑で栽培されていたとしても
    栽培中に農薬が使用されなければ無農薬といえるなど

    その基準はあいまいだ。


    このように、残留農薬をめぐる様々な問題は
    今すぐに改善できる問題ではないため

    家庭でできる対策を駆使する必要に迫られているのである。

     

    残留農薬を除去する方法としては重曹がいいとか

    熱湯で落ちるとか 様々な方法があるが

     

    確実に農薬が落とせ、しかも放射性物質や、食中毒対策にもなると

    注目されているのが 野菜洗いの専用水 「ベジセーフ」である。

     

    このベジセーフについてここでは紹介していきたいと思う。

     

    ⇒ベジセーフの詳細はこちら

     

     

    6ukxfwrmucq * ベジセーフで農薬から食中毒菌まで * 15:08 * comments(0) * -

    スポンサーサイト

    0
      スポンサードリンク * - * 15:08 * - * -

      コメント

      コメントする









      このページの先頭へ